埼玉県南4市まちづくり協議会

埼玉県南4市まちづくり協議会

川口市長 SKIPシティー

川口市長 SKIPシティー

長谷川慶太郎
最後になりましたが、川口市の岡村市長、スキップ・ステーション、これをひとつ簡単に説明していただけないでしょうか。

岡村市長
スキップというのは、S・K・I・P、Saitama・Kawaguchi・Intelligent・Parkの略です。どういうことかといいますと、今、情報化という言葉がこの会場でもずいぶん出ていますが、その情報を伝達する手段というのはいったい何なのでしょうか。それは、文字と映像です。これからは、地上波のデジタル化など、技術の進展によって、映像を作っていくことが、極めて重要な課題になってくるであろうと思います。

SKIPは、埼玉県の事業ですが、地元川口も一緒に取り組んでいます。川口市に上青木という所があり、そこにNHKの放送所の跡地があります。ここに県内の中小企業の活性化のため、行政が4つの施設を造ることになっており、その基本設計はすでに終わっています。

NHKは昭和28年のテレビ放送開始から約130万本と言われている、膨大な数のビデオやフィルムが、現在、渋谷放送センターや、鶴岡市や浜松市に、単に保管されているだけの状態になっています。これをすべてここに集約し、2次利用として市民や企業に貸し出しをしたり、新しい映像を作る資料にしたりする。この開かれたアーカイブ、アーカイブとは保存所という意味なのですが、この映像資料を活用して、さらに開かれた、映像関連の拠点としての整備をしていくことが、SKIP事業なのです。

これが成功しますと、単に映像を貸し出すというだけでなく、まさに21世紀の新しい産業が創出されるであろうことを、大いに期待しています。

長谷川慶太郎
有り難うございました。これは、なかなか野心的な、と申し上げてもさしつかえないと思いますけれども、是非とも成功させていただきたいと思います。

転載・転用を禁じます。

お問い合わせ

埼玉県南4市まちづくり協議会事務局

担当課名 川口市企画財政部企画経営課
電話 048-258-1110
FAX 048-257-1008