埼玉県南4市まちづくり協議会

埼玉県南4市まちづくり協議会

会長あいさつ 川口市長 岡村 幸四郎

会長あいさつ 川口市長 岡村 幸四郎

埼玉県南5市まちづくり協議会は、設立以来15周年の節目を向かえることができました。本日はその記念としまして「情報化サミット」を開催させていただきましたところ、多くの皆様にお集まりいただき、誠にありがとうございます。また、国会議員、県議会議員、各市市議会議員の皆様のご臨席を賜り、さらには、自治省、郵政省関東電気通信監理局をはじめ、多くの御後援、ご協賛を頂きましたことに厚く御礼申し上げます。

川口市、草加市、蕨市、戸田市、鳩ヶ谷市で構成されます県南5市は、都心から15~20km圏内、そして大宮市等を中心に進んでいる埼玉新都心と東京との中間に位置しています。5市の面積は合計いたしますと約112.5kmであり、埼玉県の全面積約3797kmの約3%弱にあたりますが、人口の合計は約92万人で、埼玉県民約690万人の13%を越える人口が、この5市に集中していることになります。このように、県南5市は、埼玉県南の一翼を担うとともに、首都圏機能の一翼を担うという、大変重要な位置にあるわけです。そこで、この5市に係わる共通の課題を互いに協議し、魅力ある地域として創造していこうという考え方から、当協議会が昭和58年に設立されたわけです。 設立当初より、基本構想、基本計画の策定に積極的に取組み、また時代の流れに伴い、さらに飛躍した新基本計画「2001コロナ・プラン」を平成2年に纏め、首都東京と埼玉中枢都市圏の中央に位置する立地にふさわしい、自然や産業、文化が居住機能と調和した新しい圏域の創造を常にめざしてまいりました。

具体的な活動といたしましては、図書館の相互利用や、災害時における避難場所の相互利用、スポーツ交歓大会や、共同物産展等を開催しております。また、平成5年には設立10周年を記念して、現在私達が直面している深刻な環境問題をテーマとした、「環境サミット」を開催し、5市の連携をより密にして、地球環境にやさしいまちづくりを進めることを宣言しております。さらには平成7年に、阪神淡路大震災の教訓を生かすべく、防災シンポジウムを開催したところであります。このように、埼玉県南5市まちづくり協議会では、時代の要求する課題に応えるため、種々の施策を展開してまいりました。

今、21世紀を目前として、新聞紙上でも地上波のデジタル化や高度情報等の言葉が飛び交っており、情報化の時代というものを、我々は避けて通れない状況となっています。この情報化というものを通して、5市がさらに強く連携をするということが、今まさに、大変強く問われているのです。

このようなことから、地域情報化施策の一環として、昨年2月郵政省の「テレトピア構想モデル地区」の指定をうけ、さらに本年3月にはインターネットのホームページを公開したところであります。今後一層地域全体の知恵と技術を結集して、豊かで個性を活かした地域社会を実現するため、新しい行政サービスの創造をめざし、圏域における地域情報化に積極的に取り組んで参りたいと思っております。

本日は、埼玉県南5市まちづくり協議会15周年記念「情報化サミット」を開催させていただくわけですが、第1部の基調講演といたしまして、国際エコノミストとして著名な長谷川慶太郎先生に、「情報化社会とまちづくり」をテーマに貴重なお話しをいただき、又第2部においては、5市各市の取組みをご紹介申し上げ、情報化というものについて、皆様と一緒に考えて参りたいと存知ます。限られた時間ではありますが、一生懸命に取組み、それぞれの実状をご披瀝申し上げたいと思いますので、どうぞ最後までご静聴いただけますようお願いいたします。

最後に、埼玉県南5市の益々の発展と、ご参会いただきました皆様の、益々のご健勝、ご活躍をご祈念申し上げまして、会長としてのご挨拶といたします。 誠にありがとうございました。

転載・転用を禁じます。

お問い合わせ

埼玉県南4市まちづくり協議会事務局

担当課名 川口市企画財政部企画経営課
電話 048-258-1110
FAX 048-257-1008